Vision

世界中の女性に勇気を与える

モノやコトからもらえる勇気は素晴らしい。

人は誇れるモノやかわいいモノを身につけたり、
素敵な経験をすることで
自分に自信が持てて、
「今日もがんばろう」と思うことができます。

アパレル商品、美容クリニック、
化粧品などを介して、
そういったモノやコトに秘められたパワーを
世界中に届けたい。

私たちの変わらぬ想いであり、
企業のミッションでもあります。

Message

これからも挑戦を 続けていきます

代表取締役社長

愛沢 えみり

コンセプトは「もっとかわいく」「もっとエレガントに」

2013年、24歳でスタートしたファッションブランド「Emiria Wiz」は、「良い服を着ると、がんばる気持ちがわいてくる」私の実体験から生まれました。当時、キャバ嬢だった私のお客さまは男性がメインでしたが、その日の装いによって自分の扱いが変わることに気づき、研究を重ねるうちに、アパレルに挑戦してみたいと考えるようになったのがきっかけです。

イメージは旅先で映えるかわいいお洋服。でも、ペラペラな服は嫌。「かわいい」の中でもエレガントさや上品さを兼ね備え、間近で見た人からも「すてき」「シルエットがきれい」と言われるものを目指しました。もっともこだわったのは「生地」です。パリまで行って直接交渉し、ハイブランドにも使われるマリアケント社のツイードを使用するなど、自分が着たいものを妥協せずにつくる姿勢を大切にしています。

一人ひとりのライフスタイルに「Emiria Wiz」を

創業当時は非日常を感じさせる華やかなワンピースが中心でしたが、世の中の変化とともに、もう少しシンプルな、日常や通勤にも着ていただけるお洋服が増えてきました。デザインの幅が広がると、ファン層も広がり、「Emiria Wiz」の認知度が少しずつ高まってきたように思います。もともとは夜のお仕事をしている女性や、私がモデルを務めた『小悪魔ageha』の読者など、私という存在を知ってくださる方がほとんどでした。ところが今は10代から40代まで、愛沢えみりを知らない世代も多く、学生さん、子育て中のママ、会社員とプロフィールもさまざま。ブランドとして大きな転換期を迎えています。

一方で、変わらないのは、ブランドの世界観を伝えるスタイルです。私や会社スタッフがSNSで普段のライフスタイルを発信し、そこに「Emiria Wiz」が写り込んでいるだけ。それ以外の広告宣伝は一切していません。それでもポップアップストア・イベントを開催すれば、全国から大勢のお客さまが来てくださいます。

そんなお客さまへの感謝として、当社のサイトや店舗で1度でも購入してくださった方にはヘアセットの無料サービスを行っています。かわいいお洋服を着るだけでなく、髪の毛までかわいくして、自信を持ってお出かけしていただくことが私たちの願いです。

私が変わらなければ、
会社は成長しない

しかし、順調なことばかりではありません。今、振り返ると、事業そのものより会社の組織づくりに苦労がありました。問題は私。アパレルの売上が伸び、翌年、会社を設立することになりましたが、社長としての意識が低く、自分の価値観や理想を感情的に押し付けてばかりいたのです。週が明けると誰かが辞めているという時期が続き、自分の会社なのにどんどん孤立していきました。

「うまくいかない原因は私にある」と気づけたのは、それから約3年後のことです。社員が会社に求める働きやすい環境や働きがいは、一人ひとり違います。まずは相手の話を聞くところから始めて、その上でこちらの伝えたいことを話し、理解してもらうというステップを踏む努力をしました。これができるようになってからは社内の雰囲気も和やかになり、組織が活性化。残業も減り、会社が大きく変わりました。

だからと言って、社員の仕事量が減ったわけではありません。やる気がある人には基本的に任せて、どんどん新しい提案をしてもらいたいし、ひとつの仕事にとどまらず、2つ、3つと、やれる仕事の幅を広げてほしい。当社はアパレル以外に美容クリニック、化粧品、飲食のプロデュースなど現在6つの事業を展開しています。事業部をまたいでチャレンジすることで、ビジネススキルは確実に上がるはずです。

「女性にやさしい会社」になるために

まもなく創業から10年という節目を迎えるに当たり、「女性が働きやすい環境をつくる」という新しいビジョンが生まれました。私自身、結婚・出産・育児を経験する年齢になり、あらためて、女性が働き続けることの難しさを感じるようになったことが大きな理由です。

具体的な施策はこれから決めていきますが、産休後も仕事のレベルを落とさずに働くために、子どもを安心して預けられる託児所の開設や、子どもと一緒にいられる時間を増やせるような、働き方を選べる制度などをつくりたいと考えています。

安心と自分のやりたいこと、両方できればもっと自分らしく生きられます。大きな会社ではありませんが、可能な限りサポート体制を充実させ、女性が長く働ける会社を目指します。

トップが熱く語ることこそ大切

私には「努力は裏切らない」という座右の銘があります。よく「努力しても結果が出ない」と言う人がいます。私もそうでした。努力したからといって、良い結果が出るとは限りません。しかし、努力したという事実が消えることはありません。また、思わぬ方向で結果が出ることもあります。私の場合はYouTubeでした。

実は、私は人前で話すことが大の苦手です。会社の宣伝だと思い、オファーされればテレビに出ますが、正直ずっと苦痛で今でも毎回大変です。話し方教室に通ったり、台本を見ながら話す練習をしたり、思い切ってトーク番組のレギュラーにチャレンジしたこともありますが、結局、苦手を再認識しただけ。努力の結果は出ませんでした。

ところが、YouTubeチャンネルを開設することになり、いざカメラの前で話し始めてみると、意外にもスムーズに言葉が出てきて、テレビよりずっと楽しく収録することができたのです。今は、企業のトップが前面に出て、自らの言葉で会社について語ることが時流であり、成長のカギだといわれています。YouTubeというツールを使っていなければ、「私にはできない」で終わっていたでしょう。

その結果、本当に大勢の、新しい方に私や当社のことを知っていただけました。現在は約50万人の方が私のYouTubeを見てくださっています。さらに、求人につながりました。「この会社のことをYouTubeで知りました」とご連絡いただき、応募してくれる人が増えています。

この先も努力を怠らず、企業メッセージを伝え続けることが、私のできることだと思っています。そして、今以上に会社を大きく育てるため、前を向いて挑戦を続けていきます。

Profile

愛沢えみり

    • YouTube
    • Instagram
    • Twitter
    • TikTok
1988年生まれ。雑誌『小悪魔ageha』の専属モデルとして一躍有名に。その後、全国のキャバ嬢がもっとも憧れる新世代歌舞伎町NO.1として人気を博す。2013年、自身のECファッションブランド「Emiria Wiz」を立ち上げ、2015年には新宿に直営店を出店。月間売上2億5000万円を超え、話題となる。2019年にキャバ嬢を引退したのちは、美容クリニック「Venus Beauty Clinic」や飲食店、アイドルのプロデュース、化粧品ブランド「norm+」の立ち上げなど事業の多角化を行うほか、モデル、インフルエンサーとして活躍中。SNSの総フォロワー数は約180万人。
Emiri Aizawa Official YouTubeにて、仕事の1日に密着した動画を公開中です!
Now Loading